カワサキ不動産-新潟-かおりのブログ

カワサキ不動産(新潟市)★ママ宅建士かおりのブログ

新潟市民6年目、仙台市出身の宅建士かおりが、日々の仕事の様子や新潟ならではと感じる出来事を発信していきます。

水道管の凍結防止・水抜きのすすめ

ここ新潟で生活するには、冬の寒さは避けられません。

ということで、ここでは水道管の凍結防止・破裂防止として水抜きをご紹介します。

「ご紹介」なんてやわっちい言葉では、「しなくてもいっかー」と思われそうなのであらかじめ言っておきますが、新潟の雪国生活には絶対マスト!です。

 

関東以南から引っ越してきて、あるいは、ぬくぬくと実家生活をしていて初めての一人暮らしをされる皆さん、「水抜きってなに???」 なんて言っていられませんよ。

 

①気温の目安は最低気温がマイナス3度以下のとき!

(いきなり私感が入っていて恐縮ですが。)

「水は0度で凍る」のは皆さんご存知のとおりです。

水道管の中ではおそらく0度ではまだ凍り始め?で、ガチガチに固まって出てこない状況までは行ってないのだと思います。

 

大体、今までの経験上で水道管の凍結・破損は、天気予報で言うところの最低気温、氷点下3度くらいが危険な境目だと私は思います。

(科学的根拠はありませんので悪しからず。)

 

天気予報で「明日の最低気温はマイナス4度です」なんて言った日には、私たち管理会社もムムム(-"-) となり、翌日の臨戦態勢に臨みます。

 

こんな日は必ず入居者様ご自身で水道管の水抜きをしてから就寝してください。

的確に水抜きをしなかったために水道管が破裂した場合は、

入居者様の過失となり、修理代を全額ご負担・・・Σ( ̄ロ ̄lll)チーン

となりますので要注意です。

(どの契約書にも必ずあります、善管注意義務違反といいます。)

 

一日の最低気温は、たいてい明け方です。

水抜きをしないで朝になり、「水が出ません・・・(´;ω;`)涙」と我々管理会社に電話が来たりします。

しかもそういう日は、同様の現象があちこちで起きるので、専門業者さんもつかまらず、半日~1日水が使えない状況に陥ります。

 

新年早々、説教クサく長くなってしまいましたね・・・(^^;

 

・・・ということで、皆さま、寒波の日は忘れずに水抜きをお願いいたします。

 

②水抜きの方法

水道管の水抜きの方法は、物件によって何種類かあるので、タイプ別に書くと恐らく記事が10個くらいになります。

ここでは一般的な方法をご紹介します。

(今のご時世、ネットをググれば詳細がたくさん出ていると思いますので、ここでは簡単に。物件によってはこの限りではありませんので、ご自身の水道管にあったやり方で行なってください。)

 

原理はすべて一緒です。

================================

1、水道(水・お湯)の元栓・止水栓を閉める。

(止水栓は物件によって、部屋の中にあったり、外にあったりします。)

2、室内各所の水道の蛇口を開けて、止水栓から部屋の間のパイプの中にある水(お湯)を全て出し切る。

 3、2で開けた蛇口を閉める。

================================

以上! です。簡単!

 

水があるから凍るのです。

水は凍ると膨張します。

膨張すると、水道管は伸縮しないのでピキ!っと破裂します。

気温が上がり、水が解けるとそこから水漏れします。ポタポタ。。。

 

こんな私たちのような小さな不動産屋の管理物件でも

毎年、毎年、必ず数件このようなことが起こります。本当です。

 

元栓を閉めて、お風呂、洗面所、キッチンなどの蛇口をひねって水を出して、(出し切ったら蛇口をしめて)終わりです。難しくありません。

翌朝、また元栓を開けば、通水されます。

注意点は、くれぐれも隣室の元栓を間違えて閉めないでくださいね!ってことくらいです(笑)

 

アパートによっては、水抜きボタン(電器式水抜き栓)がついている親切な物件もあります。その場合は、「水抜きボタンを押す」と、自動的に水とお湯の元栓が閉まります。(元栓を閉めに外に出る手間が省けます。)

その後、各所の蛇口を開けて水を出し切り、蛇口を閉めて万事OKです。

通水するには、「通水ボタンを押す」だけです。

 

 

毎年秋になると、不動産管理会社は「空き部屋の水抜き」回りに追われます。

空いている部屋も当然水抜きをしないといけません。

 

その他、余談としては、戸建てやファミリータイプの物件で

追い炊き給湯」のついているお風呂は、お風呂の浴槽に水をためることで凍結を防ぎます。

具体的には、追い炊きのお湯の出てくる穴が隠れるくらいまで水を貯めておきます。

それだけ水が多ければ、逆に凍らないんだわね。

 

それと、バランス釜も水抜きしないと壊れます。

 

もっと完璧にやりたいぐらいの大寒波の時(又は長期不在にする時)は、

トイレのパイプも、外にある給湯器の中の水も抜きましょう。

 

  

雪国での暮らしを快適に乗り切るために、ぜひご自分の住んでいるお部屋の「水道の水抜き方法」は習得してくださいね(*^^)v

 

 ※このページを参考にしての、水道管破裂・凍結など事故については、一切責任を負

えません(←無責任)。不明な点は、専門業者にお問い合わせください。

 

 

 

☆カワサキ不動産ホームページ☆はこちらから

 

 

新潟市の不動産(賃貸・売買)はお任せください(^^)/

☆カワサキ不動産ホームページ☆はこちらから

新潟市中央区笹口3丁目14-2 辰巳ビル2F

Tel 025-243-2204