カワサキ不動産-新潟-かおりのブログ

カワサキ不動産(新潟市)★住み替え専科かおりブログ

新潟市民6年目、仙台市出身の宅建士かおりが、不動産の住み替え・相続などのお役立ち情報をお届けします。

【新潟市を図解】新潟市内の住みやすい地域(1)(転勤族・ファミリー編)

f:id:kawasaki-f:20180627115757g:plain

いつかこの内容を書きたいなと思いながら、不動産屋という立場でこんなことを書いても良いものかと悩み続けて早数ヶ月・・・。

初めにお断り申し上げますが、私は土地に優劣をつけるつもりもありませんし、ここに書いていない場所を否定するという気持ちも少しもございません。なるべく気をつけて書き進めたいと思います<(_ _)>

 

新潟市に住んだことのない方で、これから転入する場合どこに住んだらいいのか、と迷われている方への一つの情報としてお伝えしたいと思います。

 

私自身2011年の震災後に仙台から新潟市に移り住みましたので、丸7年が過ぎました。

私のようなペーペーにはまだ知らない魅力的な場所もあると思いますので、長年新潟に住んでいる方には「なーに言ってんだ」と思われる点もあるかもしれませんが・・どうか温かい目で見てください。

 

とは言え私も不動産屋という職業柄、普通のその辺の女性よりはそこそこの物件数、地域を見てきたと思っております(^^ゞ

私自身としまして、実は新潟に来てから

 東区(竹尾)→東区(東中島)→中央区** へと3度も住まいを変え、

職場も

 中央区(和合町)→中央区(笹口)へ変わり、少しずつそれぞれの地域を経験してまいりました。

こんな私の独断と偏見で、新潟市内の栄えている場所、住みやすそうな場所をお伝えしたいと思います。

(当然、自社の管理物件や、決めたい物件など私情は抜きです。)

 

 ・・・前置きが長くなりました。ここからが本題です(`・ω・´)

 

新潟で住みやすい街

さて、そもそも「住みやすい」の定義ですが、

・車があるかどうか

・勤務先に近いかどうか

・スーパーが近いかどうか

 

これに尽きると思うのですよね。

「住みやすい」というのは、「毎日の生活がしやすい」「ストレスがない」ということです。

頻度としては、多くの方が

通勤(通学):週5~6

スーパーで買い物:週3

よく物件資料に強調されている「銀行やコンビニ」は週1以下ではないかと思います。

 

 

そう考えますと、まず新潟市に住むならイカがあった方がベターです。

新潟は、バスも少ない、地下鉄もない、雪や強風で電車が止まる、夏は暑く冬は雪が積もる=メインが自転車では困難な日がある、という事情があります。

新潟市民は大人1人1台マイカーを所有していると思っていい程、皆さん一家族に2,3台持っています。(その代わり、小型車、軽の割合も多い)

そして、勤務先の場所にもよりますが、バイパスにアクセスの良い場所に住むというのも意識してみてください。新潟は、田中角栄氏作の「新新バイパス」という7号線が東西にドーーーンと通っています。

f:id:kawasaki-f:20180627115757g:plain

私が仙台で経験していた「バイパス」とは全く違います。本当に「通る」ためだけの道路で、アメリカのフリーウェイに近いです。信号も1つもありませんし、沿道にお店などもありません。なので、初めての頃は乗るのもドキドキ!慣れてしまえばとっても便利な存在です。日本一の交通量だそうです。

もし勤務地がバイパスに近ければ、どのインターでも良いのでバイパスに乗りやすい場所、近いエリアが生活しやすいと、この7年で実感しています。

 

例えば、紫竹山インターから亀田インターまで車で10分程度、黒崎インターへも10分程度で着きます。

地図上では15kmくらい離れていても、実際は東区の5km先の場所へ行くよりも断然早いのです。

f:id:kawasaki-f:20180627121109g:plain

「女池」「桜木」「弁天」「紫竹山」「竹尾」インターは、毎日朝夕、渋滞しています。 (といっても東京のような完全に止まって動かないようなものではありませんのでご心配なく)

これらのインターと、プラス、ベッドタウン亀田エリアが人気の居住地です。

私は最初に越してきた時に知らずに「竹尾」インターの近くに住み、会社が「桜木」インターそば(和合町)でしたので、まさに毎日朝も夜も混雑していて、うわー私って大人気のエリアを往復してるんだなと住み始めた後に日々実感してました(^^;)

個人的には「女池」の次の黒崎や、反対の「竹尾」の隣の逢谷地(おうやち)インターなどは狙い目と思います。逢谷内から乗るのも、竹尾から乗るのも時間的にはさほど変わらないのです。

さらに、ここに買い物事情も絡めるとよくわかります。

f:id:kawasaki-f:20180627122627g:plain

オレンジの丸は大型ショッピングセンターのアピタイオン

紫色の丸は、それに準じて便利な複合ショッピングエリア(スーパー、薬局、100均、アパレルや飲食店等が集合した所)です。

(例、東区錦町:原信スーパー、ヤマダ電機西松屋しまむら、シャンブル(雑貨)、ココカラファイン(薬局)、温しゃぶ、らーめん屋、2ndストリート)

f:id:kawasaki-f:20180627133519j:plain

 

なにも、大型・中型のショッピングでなくてもいいんです。

要は「日々の生活がしやすいかどうか」 ですので、私なら一番は「品揃えの良いスーパー」が近いのが便利だと感じます。

新潟では「原信(はらしん)」「ウオロク」が好きです。原信は、カートにカゴを置かなくても良くて、レジの女性がテキパキとぜーんぶ袋に入れてくれるのが小さな幸せです(^_^)

 

が、自炊をしない方々(単身赴任の男性など)は、スーパーよりも飲食店、お弁当屋が近いほうが良いという方もいらっしゃるでしょう。

ぜひ物件を選ぶ際はそのあたりも視野に入れて探してみてください(^^)

 

 

続いて、具体的な地名をいくつかご紹介します(^^)/

 

長くなってきたので一旦切ります。

新潟市の不動産(賃貸・売買)はお任せください(^^)/

☆カワサキ不動産ホームページ☆はこちらから

新潟市中央区笹口3丁目14-2 辰巳ビル2F

Tel 025-243-2204